2006年01月03日

おめでたついでに

年末はTVで映画ばっかやってますよね。
爺も適当に録画しておいたものを、正月休みを利用して観ているところです。

その中で、これは良いねと思ったのがコレ。
acbd-10218.jpg

「ジョゼと虎と魚たち」
池脇千鶴の毒舌な障害者と妻夫木聡の優柔不断な若者の恋の物語?
きれいなだけの恋を描いていないところがとても良かったです。
最後にジョゼが言う「それもまた良しや…」で終わる台詞は切ないです。

実際に障害をもつ人と恋愛するのって難しいんだろうね。
この話もハッピーエンドではないです。

爺さんは二人のキスシーンがとても印象的でした。
最近の純愛映画のキスと違くて、とても自然でしかもエロいキス。う〜〜ん。リアル。
それと、池脇千鶴は根性あるね。エッチのシーンでも物怖じしないでやってます。
その時のセリフも素敵でした。興味があったらレンタルで観てください。

PS 池脇くん乳輪デカッ!
posted by 爺さま at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけまして おめでたや

sisso.jpg
「疾走」
あははは・・ 半年以上ごぶさたしておりました。
まあ、仕事とかいろいろ理由はあるんですが。

それはさておき、今回は映画です。
年末にOさんといっしょに、観に行ってきました。
邦画を劇場で観るのは、一年ぶりかな(銀エンいらい)
最近「重松 清」の本、好きなんですよね。
ちょうど「疾走」も読んだところだったので、どんな映画になっているのか楽しみでした。

出来映えは、なかなかでしたよ。
SABU監督、ちゃんと原作のイメージや話の流れに忠実に創ってありました。
だから作品の世界にも入り込みやすかったし(たまに原作とは程遠いのがありますからね)
NEWSの手越君も、映画初主演にしては良かったのでは。
でも一つ言わせてもらうと原作なぞるだけでは、小説が持つ絶望感は伝わらなかったかな。
小説「疾走」はもっとずっと重いですよ。読むときは心して読んでね。

しかし、「重松先生」きてますね。書籍はベストセラーになるし。
今年は「流星ワゴン」も映画になるようだし。
人々が生活している情景を、さまざまな捉え方で描いていく手法。
その中で、生きていくことが綺麗事だけじゃすまない事をちゃんと伝えてます。
爺はそこが好きですね。
だからこの「疾走」も原作ではエログロなシーンあるんですが、
映画ではさらっと流してます(そのままだとAVになっちゃいますから)
流星ワゴンは誰が撮るのかな?楽しみです。

P.S「中谷美紀」は、エロい格好しても品がありますね。美人は得じゃのう。

posted by 爺さま at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

いやあビックリ!

やっぱサッカー人気ってすごいね。
このさびれたブログ、7〜8人にしか教えてないんですよ。
なのに全然知らない人からTBが3コもついちゃった(ありがとうございます)

んでもって、今日はコレ。
7
『真夜中の弥次さん喜多さん』

クドカンもついに監督ですか。やるなあ。
以前からこの人が脚本書いてるドラマは、よく観ていました。
一番最初が「IWGP」だったかな。原作も好きだったので。
まあなんのことはない、堤さんのファンで、その流れで名前を知ったんですけど。

しりあがり寿の原作、ずいぶん前に読んだけど映像向きじゃないですよね。
なんつっても、ゲイとポン中の話だから・・どうすんのよ。大丈夫か?
どんな映画になってるのか、いまから楽しみです。
4月16日から家の近くの映画館で上映するみたいなので、観に行こっと。

posted by 爺さま at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

風邪は風邪でも・・・

奥さんの心の風邪。1月半ばから再発してしまいました。
出かけるのがチョッと心配な今日この頃です。
あまり更新できませんが、おおめに見てやってください。

さてさて、爺さまさっきまで、ゴールデングローブ賞の授賞式を観ていました。
作品賞を受賞したのは、「アビエイター」でしたが・・・。
映画の内容よりも、監督のマーティン・スコセッシの眉毛。
気になってしょうがないのは、爺さまだけでしょうか?
頭は白髪なのに、なぜ眉毛だけがあそこまで黒いの。(染めてるのか?)

爺さまのお薦めは、ミュージカル・コメディ部門で主演男優賞を獲った
「Jamie Foxx」ピアノも歌もめちゃ上手いし、カッコイイです。
「Rey」は観にいきたいですね。
この人は「コラテラル」にもトム・クルーズの相手役で、出演してましたね。
その甲斐あって、今度のアカデミー賞は主演・助演両方にノミネートです。
史上初の両賞受賞をねらってくれ!
ではまた。

<おまけ>今日の気になる女の子
今回は恋のから騒ぎ出演者の武久美雪(陶芸家)さん。美しいですね。
でももうすぐメンバー入れ替えで見られなくなる。さみしいヨ・・・


posted by 爺さま at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

見たい。観たい。視たい。

あらららら。今年はがんばって更新するとか言っといて。
気が付けば、もう10日もたってますね。

さて、こまかい事は、気にしないで。
今日は、これ
festival.jpg
フェスティバル・エクスプレス
この映画、ずっとフィルムの存在だけが語り次がれてきてたんですよ。
そのフィルムが見つかったというのを、5〜6年前に聞いた覚えがあります。

で、今回やっと日の目を見たというわけです。
聞くところによれば、フィルムの長さはハンパじゃなくて(75時間分くらいあるらしい。)
公開まで時間がかかったのは、編集作業のためだそうです。

いずれにしても、こんな貴重なフィルムを見れるのは幸せなことです。
そういえばジャニスは、この二ヶ月後に帰らぬ人となってしまったんですね。
個人的にはフライング・ブリトー・ブラザーズ。グラム・パーソンズ大好きです。
なんとしても観たいですね。

ではまた。
posted by 爺さま at 00:02| Comment(3) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

正月はやっぱり・・・

食っちゃあ寝てばかりいるわけで、テレビもつまんないしぃ・・
レンタルしちゃいました。「ヴァンヘルシング」
ヴァンヘルシング
内容はまあこんなもんでしょう。しかし主演の「Hugh Jackman」
「X-men」といい、この映画といいなんでこういう映画を選ぶかね?
いや悪いとは言いませんよ。ヒーローものにあこがれる気持ちはわかります。
でも、イギリスでは王立シェイクスピア劇団とかに出演していたんですからね。
いや人間わからんもんです。

ちなみに以前Hugh JackmanがホストをつとめるTV番組を観たことがあるんですが。
腰を振りながらピアノを弾き、ゲストや観客の女性にはセクハラしまくり・・・
歌うエロエロおやじでした。謎は深まるばかり。でも爺さまHugh Jackman 好きなんです。

シェイクスピアつながりで、爺さまお勧めの映画ネタをもうひとつ。
本日深夜、2:20〜TBSで「ギャラクシークエスト」が放映されます。

ギャラクシークエスト
この映画は良いです。スタートレックのパロディ満載。
TV番組を舞台にした劇中劇になってます。スタトレオタクへのオマージュなんですかね。

日本ではあまりヒットせずB級SFと思われがちですが、なかなかよくできています。
なんでシェイクスピアつながりかというと、「Alan Rickman」が出演してるんですよ。
この人もイギリス出身なんです。でもって「ダイ・ハード」に出演する前は、シェイクスピア劇団で舞台に出演してました(あらHugh ちゃんとそっくり)
この映画では、トカゲ星人ドクターラザラスを演じるアレックス・デーン役。
「リチャード3世を演じた名優としての過去の栄光を捨てきれない」なんて設定はまるで自分のことをパロッているようです。
ほかにも「Sigourney Weaver」の熟女エロぶりなど見所いっぱい。
起きてるのはしんどいから、videoに録って観ようね。

ではまた。

posted by 爺さま at 13:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

また「水どう」ネタか!

ごぶさたしています(笑)まだ3回めかよ。
そんなわけで「銀エン」観てきましたよ。

銀のエンゼル

銀のエンゼル

まず、お客さんの多さにびっくりでした。「水どう」ファンけっこういますね。
内容はというと、小日向さん演じるコンビニ店長を中心にした、
日常の中の群像劇といったところです。
最近の映画って、CG&ワイヤーACTだらけじゃないですか。
だからたまには、こんなほのぼのとした映画も良いですね。
お約束のギャグもありますよ。

小日向さんの笑顔はすばらしい。西島さんの影のある演技も大好きです。
でも爺さまは、佐藤めぐみちゃんに大注目。カワイイです。
来年はブレイクしてほしいですね。できればつまんないバラエティは出ないでほしい。
映画中心に女優として活躍してほしいです(めざせ麻生久美子!)

あっ、そうそう。バナナを電子レンジで温めるのはやめたほうが良いです。
お芋さんみたいになっちゃうからね。
ではまた。来年になる前にもう一度くらいは書きたいなっ・・・と。


posted by 爺さま at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。