2004年12月21日

やっぱりだめだめぽ。

ブログはじめたのは良いけど、やっぱり・・。
しょてから5日もさぼっちゃいました。

といっても誰もまだ知らないわけだしぃ。
そろそろ知人にはお知らせしなくちゃ、と考える今日この頃です。

さて今日はこれ

上京ものがたり
上京ものがたり

女の子だったころの西原画伯のお話です。(じゃあ今は?)
「麻雀放浪記」のころからファンですが、いつもの突撃ルポや自虐ギャグとは少しちがう、西原さんがいます。
東京へでてきて、漫画家になるまでを描いているんですが、はずかしながらすこしホロリとしちゃいました。

でも、もともとこの人は、ずっとこういう面を大切にしてるんだなと思います。
「はれた日は学校をやすんで」にも、こんなテイストの話が入ってましたから。
たまにはこんな西原画伯もいいですよ。
たぶん絵本なんぞ描かせたら、すごく良い作品ができるのでは・・

女の子だけでなく男の人にもお勧めです。
posted by 爺さま at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1350978

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。