2006年02月07日

本ばっかり読んでます。

このところ、良い本が多くて金欠で困ってます。
新刊書は高いからね。でも読まずにはいられないと・・・

今日は去年のマイブームだった重松清の本です。
その日.jpg
「その日のまえに」

この年になると、死を考えることって絶対ありますよね。
主人公のように、死を宣告されてから淡々と身の回りの事を整理できるのかな?
爺には難しいだろうね。取り乱すのかな。でも心穏やかに逝きたいと願ってはいますけどね。
こういう事書くと、またhigebose さんや、usago さんに怒られるのでこの辺にしておいてと・・・

とてもよくできた話です。最初は短編集なのかな、と思っちゃいます。
でも読み進めるうち、最後の三篇ですべての話がひとつになるんですね。
さすが重松先生、やるなあ。
まあ昨今の泣かせる本ブーム?の中、一緒くたにされてしまうんでしょうね。
でもルポなどで、重松さんは多くの現場を見てきたんでしょうね。
そこから描く喪失感って、一味ちがうような気がします。


もう一冊「重松本」
きみの.jpg
「きみの友だち」

重松さんって、小・中学生の友情ものがけっこう多いんですよ。
でもこの本は、それだけじゃなく主人公と周りがどんどん成長していきます。
主人公が得た心の自由と安息は、「みんな」と「わたし」を切り離すことで得られたのかな?

爺が好きなのは、登場人物ごとにスポットをあてながら、第三者の視点から語られていく描きかたです。
最終章で一つにまとまるのは、「その日のまえに」と同じ手法なんですけど。
最初は神様視点なのかなと思いましたよ。でもちゃん誰なのかはっきりするんで、そこも良かった。
読後感がとてもさわやかで、悲しいけれど、とてもすてきなハッピーエンドになっています。

友だちって数じゃあないし、一緒に過ごした時間でもないんだよね。
この本の中の登場人物には、それ(いちばん大切なもの)がわかるから幸せだと思います。
でも、現実にそのことが解っている人、少ないんだろうね。
だからみんな携帯ばかり見てるのかね・・・。




posted by 爺さま at 13:34| Comment(8) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。