2005年04月20日

おっ、重たい・・・

コレ、4日かかってやっと読み終わりました。
上下巻合わせて900p余り。(原稿用紙にすると、1650枚だそうです)
hantou2.jpg
「半島を出よ。」

いやぁ、重たいテーマですよ。
丁度、日本と中国、韓国、北朝鮮の関係が微妙な時期だけにね。
でも、この小説みたいになる確率って、決して低くないと思います。
アメリカが中国・北朝鮮と何らかの和解をした場合、孤立するのは日本だからね。
そうなった場合に、今の日本政府にまともな対応ができるとは思えないです。

話の中で、「これはどうなの?」と思う部分も多々あります。
でも全体的にありそうだなと読み手に思わせるのは、作者の上手さなんでしょうね。
細かい描写については、説得力もあるし。
コレは巻末に示されている参考文献の読み解き(いつもながらすごい量です)
それと綿密な取材の賜物でしょう


内容については、ネタバレになると嫌なので詳しく書きません。
でも一言だけ。
「愛と幻想のファシズム」→「地下鉄サリン事件」
「希望の国のエクソダス」→「9・11」
今までに小説が発表されてそれを暗示させるような事件が二度起こってるんだよね。
今回だけはホントになりませんように。

P.S 鈴木成一さんの装幀デザインはすごくステキです。
posted by 爺さま at 19:37| Comment(3) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

いやあビックリ!

やっぱサッカー人気ってすごいね。
このさびれたブログ、7〜8人にしか教えてないんですよ。
なのに全然知らない人からTBが3コもついちゃった(ありがとうございます)

んでもって、今日はコレ。
7
『真夜中の弥次さん喜多さん』

クドカンもついに監督ですか。やるなあ。
以前からこの人が脚本書いてるドラマは、よく観ていました。
一番最初が「IWGP」だったかな。原作も好きだったので。
まあなんのことはない、堤さんのファンで、その流れで名前を知ったんですけど。

しりあがり寿の原作、ずいぶん前に読んだけど映像向きじゃないですよね。
なんつっても、ゲイとポン中の話だから・・どうすんのよ。大丈夫か?
どんな映画になってるのか、いまから楽しみです。
4月16日から家の近くの映画館で上映するみたいなので、観に行こっと。

posted by 爺さま at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。