2006年02月21日

傑作?戯言?

本読みーの。飯くいーの。眠りーの。嫁ぎーの。
最近、「嫁ぎーの」(byバカリズム)にはまってる爺です。

盗作1.jpg
盗作2.jpg
「盗作」(上・下)

いわゆるファンタジーといわれるジャンルになるのかな?
正直ちょっと苦手な部類に入るんですが、これが違ったんですね。
久しぶりに、イッキ読みしちゃいました。面白かった。

ネタばれになるので内容は書きませんが、いわゆる天啓と呼ばれるものを扱ったものです。
ゲージツ家と呼ばれる人ってこういうことが本当に起きてるんですかね?
ちなみに爺の前嫁がゲージツ家(絵描き)で、たまにこの本に書いてある様なことやってました。
夜中の2時にむっくりと起きて、突然絵を描きだすとかね。
子供が生まれてからは、そういうことが無くなったと言っておりましたが。

読んでいる最中、映像が浮かんでくるのは、飯田さんが映画監督だからですかね。
映画化を期待しています。主演は「綾瀬はるか」でおながいします。





posted by 爺さま at 10:42| Comment(4) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

本ばっかり読んでます。

このところ、良い本が多くて金欠で困ってます。
新刊書は高いからね。でも読まずにはいられないと・・・

今日は去年のマイブームだった重松清の本です。
その日.jpg
「その日のまえに」

この年になると、死を考えることって絶対ありますよね。
主人公のように、死を宣告されてから淡々と身の回りの事を整理できるのかな?
爺には難しいだろうね。取り乱すのかな。でも心穏やかに逝きたいと願ってはいますけどね。
こういう事書くと、またhigebose さんや、usago さんに怒られるのでこの辺にしておいてと・・・

とてもよくできた話です。最初は短編集なのかな、と思っちゃいます。
でも読み進めるうち、最後の三篇ですべての話がひとつになるんですね。
さすが重松先生、やるなあ。
まあ昨今の泣かせる本ブーム?の中、一緒くたにされてしまうんでしょうね。
でもルポなどで、重松さんは多くの現場を見てきたんでしょうね。
そこから描く喪失感って、一味ちがうような気がします。


もう一冊「重松本」
きみの.jpg
「きみの友だち」

重松さんって、小・中学生の友情ものがけっこう多いんですよ。
でもこの本は、それだけじゃなく主人公と周りがどんどん成長していきます。
主人公が得た心の自由と安息は、「みんな」と「わたし」を切り離すことで得られたのかな?

爺が好きなのは、登場人物ごとにスポットをあてながら、第三者の視点から語られていく描きかたです。
最終章で一つにまとまるのは、「その日のまえに」と同じ手法なんですけど。
最初は神様視点なのかなと思いましたよ。でもちゃん誰なのかはっきりするんで、そこも良かった。
読後感がとてもさわやかで、悲しいけれど、とてもすてきなハッピーエンドになっています。

友だちって数じゃあないし、一緒に過ごした時間でもないんだよね。
この本の中の登場人物には、それ(いちばん大切なもの)がわかるから幸せだと思います。
でも、現実にそのことが解っている人、少ないんだろうね。
だからみんな携帯ばかり見てるのかね・・・。




posted by 爺さま at 13:34| Comment(8) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

はじまりましたね。

今回はTVドラマを2本。
byakuya.jpg
まず1本はTBSの「白夜行」綾瀬はるかと山田孝之のセカチューコンビが主演です。

ずいぶん前に原作を読んでいたので、ドラマが始まる前に読み返しておきました。
やっぱりというか、原作をなぞるとあまりにもダークになるんでしょうね。
主役二人のラブストーリーとして、描いてありました。
この先もっと話が進むと、もっとヘヴィなシーン出てくるんでしょうか?
山田君は第二話で、なかなか良い感じに暗くなってましたね。
問題は、はるかちゃんにクールビューティ雪穂が演じられるかですね。

とまあドラマとしては、こんなもんでしょうね。
で、原作ですがその中では二人が会話する場面って、たしか無かったと思います。
あくまで笹垣刑事(by武田鉄矢)の想像の中でしか、つながらないような描き方をしてます。
でも原作ではその描写法が、独特の雰囲気を創り出すのに一役かってます。
とても良い作品なのでぜひ読んでみてください。おススめです。

PS.麻生祐未様、久々の登場です(山田君の母親役!)
  相変わらずSexyですね。結婚しても美貌は衰えずです。

jikou.jpg

もう1本はTV朝日の「時効警察」こちらはオダギリ・ジョーと麻生久美子主演のコメディです。

見所はなんといっても、三木聡が演出するビミョーなギャグと空気感。
はっきりいって、なじめない人にはチョーつまんないと思います。
でもこのドラマ、「麻生久美子姫」を観るだけでも価値あるかも。
それになんといってもTV初主演。あいかわらず美しいです。ハイ!


PS.こっちもお勧め。
kame.jpg


「亀は意外と速く泳ぐ」
三木聡監督の劇場映画です。
「時効警察」にも出ているふせえり(byビシバシステム)さんが良い味出してます。
もうすぐレンタルででるから「時効警察」面白いと思った人は観てみて。
多分、はまるから。



posted by 爺さま at 12:32| Comment(1) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

おめでたついでに

年末はTVで映画ばっかやってますよね。
爺も適当に録画しておいたものを、正月休みを利用して観ているところです。

その中で、これは良いねと思ったのがコレ。
acbd-10218.jpg

「ジョゼと虎と魚たち」
池脇千鶴の毒舌な障害者と妻夫木聡の優柔不断な若者の恋の物語?
きれいなだけの恋を描いていないところがとても良かったです。
最後にジョゼが言う「それもまた良しや…」で終わる台詞は切ないです。

実際に障害をもつ人と恋愛するのって難しいんだろうね。
この話もハッピーエンドではないです。

爺さんは二人のキスシーンがとても印象的でした。
最近の純愛映画のキスと違くて、とても自然でしかもエロいキス。う〜〜ん。リアル。
それと、池脇千鶴は根性あるね。エッチのシーンでも物怖じしないでやってます。
その時のセリフも素敵でした。興味があったらレンタルで観てください。

PS 池脇くん乳輪デカッ!
posted by 爺さま at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけまして おめでたや

sisso.jpg
「疾走」
あははは・・ 半年以上ごぶさたしておりました。
まあ、仕事とかいろいろ理由はあるんですが。

それはさておき、今回は映画です。
年末にOさんといっしょに、観に行ってきました。
邦画を劇場で観るのは、一年ぶりかな(銀エンいらい)
最近「重松 清」の本、好きなんですよね。
ちょうど「疾走」も読んだところだったので、どんな映画になっているのか楽しみでした。

出来映えは、なかなかでしたよ。
SABU監督、ちゃんと原作のイメージや話の流れに忠実に創ってありました。
だから作品の世界にも入り込みやすかったし(たまに原作とは程遠いのがありますからね)
NEWSの手越君も、映画初主演にしては良かったのでは。
でも一つ言わせてもらうと原作なぞるだけでは、小説が持つ絶望感は伝わらなかったかな。
小説「疾走」はもっとずっと重いですよ。読むときは心して読んでね。

しかし、「重松先生」きてますね。書籍はベストセラーになるし。
今年は「流星ワゴン」も映画になるようだし。
人々が生活している情景を、さまざまな捉え方で描いていく手法。
その中で、生きていくことが綺麗事だけじゃすまない事をちゃんと伝えてます。
爺はそこが好きですね。
だからこの「疾走」も原作ではエログロなシーンあるんですが、
映画ではさらっと流してます(そのままだとAVになっちゃいますから)
流星ワゴンは誰が撮るのかな?楽しみです。

P.S「中谷美紀」は、エロい格好しても品がありますね。美人は得じゃのう。

posted by 爺さま at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

おっ、重たい・・・

コレ、4日かかってやっと読み終わりました。
上下巻合わせて900p余り。(原稿用紙にすると、1650枚だそうです)
hantou2.jpg
「半島を出よ。」

いやぁ、重たいテーマですよ。
丁度、日本と中国、韓国、北朝鮮の関係が微妙な時期だけにね。
でも、この小説みたいになる確率って、決して低くないと思います。
アメリカが中国・北朝鮮と何らかの和解をした場合、孤立するのは日本だからね。
そうなった場合に、今の日本政府にまともな対応ができるとは思えないです。

話の中で、「これはどうなの?」と思う部分も多々あります。
でも全体的にありそうだなと読み手に思わせるのは、作者の上手さなんでしょうね。
細かい描写については、説得力もあるし。
コレは巻末に示されている参考文献の読み解き(いつもながらすごい量です)
それと綿密な取材の賜物でしょう


内容については、ネタバレになると嫌なので詳しく書きません。
でも一言だけ。
「愛と幻想のファシズム」→「地下鉄サリン事件」
「希望の国のエクソダス」→「9・11」
今までに小説が発表されてそれを暗示させるような事件が二度起こってるんだよね。
今回だけはホントになりませんように。

P.S 鈴木成一さんの装幀デザインはすごくステキです。
posted by 爺さま at 19:37| Comment(3) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

いやあビックリ!

やっぱサッカー人気ってすごいね。
このさびれたブログ、7〜8人にしか教えてないんですよ。
なのに全然知らない人からTBが3コもついちゃった(ありがとうございます)

んでもって、今日はコレ。
7
『真夜中の弥次さん喜多さん』

クドカンもついに監督ですか。やるなあ。
以前からこの人が脚本書いてるドラマは、よく観ていました。
一番最初が「IWGP」だったかな。原作も好きだったので。
まあなんのことはない、堤さんのファンで、その流れで名前を知ったんですけど。

しりあがり寿の原作、ずいぶん前に読んだけど映像向きじゃないですよね。
なんつっても、ゲイとポン中の話だから・・どうすんのよ。大丈夫か?
どんな映画になってるのか、いまから楽しみです。
4月16日から家の近くの映画館で上映するみたいなので、観に行こっと。

posted by 爺さま at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

昨日は・・・

サッカー日本代表、なんとか勝ちましたね。
でも爺さんには心配な試合でした。

やっぱりヒデは、現在の代表にはマッチしないんでしょうかね?
FWとの連携なんて、どうみても上手くいっていないみたいで。
あと右足でFKを蹴る選手を、ピッチ上に置いて欲しい。小野がいないんだから。
個人的には、市原の阿部ちゃんが良いな。
ヒデをもしはずすなら、次は小野・阿部のダブルボランチでおながいします。

あと、Tukieeには申し訳ないが言わせて。
高原君、シュートしよう。んでもってシュートする時は、落ち着こう。
もっとも、あのオウンゴールは高原の空振りオーバーヘッドと、
中澤の詰めが良かったから生まれたんですけどね。

なにはともあれ、勝ててよかった。

<また女の子ネタ>
ビダル・サスーンのCMに出ている小悪魔さん。イイーーネッ。
「Charlotte Kemp Muhl」っていうんだ。

ではまた。


posted by 爺さま at 17:12| Comment(0) | TrackBack(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

こっそり再開

どうも〜〜レイザーラモン爺でーす。フゥ〜〜
いや〜ごぶさた。ひさしぶりに更新です。

ほんとはグラミー賞アカデミー賞の時に更新したかったんですが。
まあいろいろあって、やっとこさ更新できるようになった今日この頃って感じぃ?
でもMAROON5も新人賞取ったし、ジェイミー・フォックスも主演男優賞Get。
自分がイイッと思うものが賞を貰ったりするとチョッとだけ幸せな気分になりますね。

よかったよかったということで、次はサッカー日本代表ですか。
相手はイランですか・・・なんとか勝って帰ってきてほしいものです。
なんだかんだいってもヒデ、好きなんですよね。

PS.先日「恋のからさわぎ」のスペシャルが放送されました。
最後に武久美雪(陶芸家)さんを観られて良かった。あいかわらず美しかったです。



ではでは、次回はなるべく早く更新したいですね。







posted by 爺さま at 18:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

風邪は風邪でも・・・

奥さんの心の風邪。1月半ばから再発してしまいました。
出かけるのがチョッと心配な今日この頃です。
あまり更新できませんが、おおめに見てやってください。

さてさて、爺さまさっきまで、ゴールデングローブ賞の授賞式を観ていました。
作品賞を受賞したのは、「アビエイター」でしたが・・・。
映画の内容よりも、監督のマーティン・スコセッシの眉毛。
気になってしょうがないのは、爺さまだけでしょうか?
頭は白髪なのに、なぜ眉毛だけがあそこまで黒いの。(染めてるのか?)

爺さまのお薦めは、ミュージカル・コメディ部門で主演男優賞を獲った
「Jamie Foxx」ピアノも歌もめちゃ上手いし、カッコイイです。
「Rey」は観にいきたいですね。
この人は「コラテラル」にもトム・クルーズの相手役で、出演してましたね。
その甲斐あって、今度のアカデミー賞は主演・助演両方にノミネートです。
史上初の両賞受賞をねらってくれ!
ではまた。

<おまけ>今日の気になる女の子
今回は恋のから騒ぎ出演者の武久美雪(陶芸家)さん。美しいですね。
でももうすぐメンバー入れ替えで見られなくなる。さみしいヨ・・・


posted by 爺さま at 23:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。